経営理念

地域社会の中で『高付加価値の提供』を実現

私ども山陰パナソニック株式会社は、パナソニックグループ商品を中心とした販売活動を通じて、地域社会の生活環境の向上と豊な暮らしの創造をご提案する事により、常に皆様の『お役に立てる企業』を目指しております。

今日における社会環境は、あらゆる面で大きな転換を迫られておりますが、この山陰地区も例外では有りません。

当社では、そのような状況の中においても、経営理念に基づく事業展開、人材づくり、組織づくりを実践し、毎年進化しています。

地域に根ざし、他を凌駕する企業を目指す山陰パナソニック株式会社は、地域社会、地域住民の皆様の様々な生活シーンの中で『高付加価値の提供』を実現することで社会的な役割を果たします。

Mission - 組織の目的、果たすべき使命、存在意義、永遠に追求するもの
Missionミッション

商いを通じて、人をつくる、暮らしをつくる、笑顔をつくる

山陰パナソニック株式会社は、地域社会の中で相手の顔が見え、心が通い合う「商い」に徹します。商いを実践する中においては、会社を「大人の学び舎」と位置づけ、暮らしや笑顔をつくる前に人を育てることを最優先します。そして一人ひとりの暮らしの中に、便利で快適、安心、安全な信頼のある暮らしを創造し、取引先だけでなく、働く仲間や地域社会からありがとうの笑顔を頂くために努力し続けます。

Vision - 組織の成功の姿、ありたい姿、ある時点までの達成目標
Visionビジョン

地域社会になくてはならない山陰の星となる

取引先(お客様、仕入先、関係会社)

-どんな価値を提供している会社になるのか?
ユーザーを知り、期待を上回るソリューション(製品やサービスの供給、仕組の創造、情報提供)で驚き、信頼を創造するだけでなく、共に悩み、共に笑い、共に成長できるパートナーとなる。さまざまな事業領域をもつ私たちだからこそできるオンリーワン事業を展開し、取引したい、助かる、頼りになる、いないと困る存在となっている。

働く仲間

-どんな価値を提供している会社になるのか?
志を同じくする働く仲間が大事にされ、自ら頑張りたいと思える場所になっている。誰もが挑戦し、困難を経験し、成長の先にある、生きる喜びや人生の豊かさを共に分かち合える、人間として成長できる舞台(大人の学び舎)が提供され、挑戦している人が報われている。わが子をこの会社にいれたいと思われている。

地域社会

-どんな価値を提供している会社になるのか?
地域活動に積極的に参画し、地域社会に貢献できる人財を輩出している。雇用創出と納税で地域経済に貢献している。期待を上回るソリューション(製品やサービスの供給、仕組の創造、情報提供)で人々の暮らしの中にありがとうの笑顔と感動をたくさん創出している。

Value - 行動規範、守るべき価値観、共通意識、経営の進め方、社員の在り方
Valueバリュー

一、何ごとも経営理念に準じて判断する

「産業報国の精神」
わが社の全ての経営判断は経営理念(mission・vision・value)に準じて行います。悩んだ時、迷った時は経営理念に戻りましょう。

一、正面から、正々堂々と向き合う

「公明正大の精神」
邪念、憎悪、怠慢、私利私欲、面倒、他責など、自らの弱さに背を向けず正面から向き合い、法令順守、透明性、公平性、誠実性を保ちましょう。

一、仲間なら本気・本音・本質で助け合う

「和親一致の精神」
共に働く仲間だからこそ、真剣になって、言いたい事を言いながら、本来あるべき姿に向かって助け合いましょう。

一、輝くために挑戦し、成功する

「力闘向上の精神」
1番目に価値の高い人は、挑戦し成功した人
2番目に価値の高い人は、成功には至らなかったが挑戦した人
3番目に価値の高い人は、挑戦する人を支えた人

一、人間力で心を動かし、人を動かす

「礼節謙譲の精神」
礼儀、挨拶、謙虚、尊重など、人に背を向けず素直な心で向き合いましょう。素直な心はあなたを強く正しく聡明にし、相手の心に響きます。

一、木を見て森を見る、そして風を感じる

「順応同化の精神」
目先ばかりを見ず、視野を広げ、見方を変え、一歩先にある変化をチャンスに捉え、地域社会の中で共生しつづけましょう。

一、1日10回の「ありがとう」と「ありがとう」

「感謝報恩の精神」
誰しも一人では何もできません。自らがすることのできない事をしてくれている人に感謝し、その恩に報いましょう。